FreeBSD 8.1-RELEASE

  • ページ: 動作報告
  • 投稿者: fbsd81?
  • 状態: 小さな不具合
  • ptexliveバージョン:20100711
  • 投稿日: 2010-08-30 (月) 19:37:44

必要パッケージ

packages
xorg-7.5,ja-font-std-0.0.20090602, bash-4.1.7, patch-2.6.1, unzip-6.0, wget-1.12_1
ports
ghostscript8-8.71_2

ptexlive.cfg

ISO_DIR=/tmp/ptexlive/texlive2009-20091107

メッセージ

要約

作業内容

TeXLive のインストール

ftp ftp://ftp.kddlabs.co.jp/CTAN/systems/texlive/tlnet/install-tl-unx.tar.gz
tar zxvf install-tl-unx.tar.gz
cd install-tl-20100512
su
./install-tl -repository http://ftp.kddlabs.co.jp/CTAN/systems/texlive/tlnet
exit
cd ..

約30分かかりました

Enter command: i
Installing to: /usr/local/texlive/2009
Installing [0001/2077, time/total: ??:??/??:??]: 12many [376k]
Installing [0002/2077, time/total: 00:01/47:34]: ANUfinalexam [3k]
 ...
Installing [2076/2077, time/total: 30:42/30:43]: zwgetfdate [242k]
Installing [2077/2077, time/total: 30:42/30:42]: zwpagelayout [520k]
Time used for installing the packages: 30:43

pTeXLive をインストールするために texlive の source を用意する

mkdir texlive2009-20091107
cd texlive2009-20091107
echo texlive-20091107 > release-texlive.txt
mkdir source
cd source
ftp ftp://ftp.kddlabs.co.jp/CTAN/systems/texlive/Source/texlive-20091011-source.tar.xz
ftp ftp://ftp.kddlabs.co.jp/CTAN/support/ghostscript/GPL/gs871/ghostscript-8.71.tar.xz
cd ../..

状況を確認

ls -RF texlive2009-20091107
cat texlive2009-20091107/release-texlive.txt 

こんな具合

%ls -RF texlive2009-20091107
release-texlive.txt     source/
 
texlive2009-20091107/source:
ghostscript-8.71.tar.xz         texlive-20091011-source.tar.xz
%cat texlive2009-20091107/release-texlive.txt 
texlive-20091107

枝構造は

/tmp/ptexlive
+
|
|  +-ptexlive-20100711/
|  |  +-archive/
|  |  +-babel/
|  |  +-cmap/
|  |  +-macro/
|  |  +-md5sum/
|  |  +-security/
|  +-texlive/
|  |  +-install-tl-20100512/
|  |  |  +-readme-html.dir/
|  |  |  +-readme-txt.dir/
|  |  |  +-tlpkg/
|  |  |  |  +-TeXLive/
|  |  |  |  +-installer/
|  |  |  |  |  +-wget/
|  |  |  |  |  +-xz/
|  |  |  |  +-translations/
|  +-texlive2009-20091107/
|  |  +-source/
|
+--- end of directory tree ---

ptexlive-20100711 の調整 (ほんの少し)

4extract-texmf.sh の49行目

eightbit2hex $TEXMF tex/latex/ltxmisc url.sty

を変更

eightbit2hex $TEXMF tex/latex/url url.sty

texlive の /usr/local/texlive/2009/texmf-dist/tex/latex/ltxmisc/url.sty が /usr/local/texlive/2009/texmf-dist/tex/latex/url/url.sty に移ったためです。

md5sum/texmf の8行目

e3a9cf32ee9b853b42be14c2f25b873c  ./ptex/latex/ltxmisc/url.sty

を変更

e3a9cf32ee9b853b42be14c2f25b873c  ./ptex/latex/url/url.sty

上と同じ理由です。

7font-search.sh|less の299〜300行目

tarx $ISO_DIR/source/ghostscript-8.64.tar.xz $PTEXLIVE_TMP
cmapinstall $PTEXLIVE_TMP/ghostscript-8.64/Resource/CMap

を変更

tarx $ISO_DIR/source/ghostscript-8.71.tar.xz $PTEXLIVE_TMP
cmapinstall $PTEXLIVE_TMP/ghostscript-8.71/Resource/CMap

ptexlive.cfg

### (necessary) specify the mount point of TeX Live 2009 DVD
ISO_DIR=/tmp/ptexlive/texlive2009-20091107

ptexlive のコンパイル、インストール

cd /tmp/ptexlive/ptexlive-20100711/
make
su
make install

FreeBSD 8.1 に関する注意 (ptexlive とは無関係)

ghostscript8-8.71_2 は ports から

ghostscript を package から入れると PostScript ファイルの和文が表示されないことがあります。そのようなときは ghostscript を /usr/ports/print/ghostscript8/ から make するとよいようです。ここでは make config において FT_BRIDGE を指定してみました。

その他は packages でよいと思われます

xorg-7.5,ja-font-std-0.0.20090602, bash-4.1.7, patch-2.6.1, wget-1.12_1

が要ります。追加して asymptote を使うには

py26-tkinter-2.6.5_3, py26-imaging-1.1.6_4

も必要です。

asymptote を make install するときに texinfo の texi2dvi が要ります

FreebSD に asymptote を入れるには、前もって texinfo-4.13a.tar.gz を make install しておきます。

acroread に不具合 

FreeBSD 8.1 の linux エミュレータは acroread の起動に失敗をします。仕方がないので evince, xpdf 等で我慢をします。

なお、TeX Live 2009 に注釈 があります。

FreeBSD (both i386-freebsd and amd64-freebsd) binaries were not available in time for the DVD release, but they are available now, for FreeBSD versions 5, 6, 7, and 8. You can install them as custom binaries. Adventurous FreeBSD users may like to download binaries built from the current sources.

[備考] FreeBSD での iso ファイルのマウント方法 (今回は使いません)

mount -t cd9660 /dev/`mdconfig -f texlive2009-20091107.iso` /mnt

(参考) man mdconfig をみる。

To create an md(4) device out of an ISO 9660 CD image file (-a and -t vnode are implied), using the first available md(4) device, and then mount the new memory disk:

mount -t cd9660 /dev/`mdconfig -f cdimage.iso` /mnt

ISO 9660 CD イメージファイルの md(4) デバイスを作成するために (-a と -t vnode の意味を含みます)、最初に利用可能な md(4) デバイスを使用して、次に新しいメモリディスクをマウントします:

mount -t cd9660 /dev/`mdconfig -f cdimage.iso` /mnt



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-30 (月) 19:37:44 (3187d)