ptexlive の特徴

ptexlive の種類

ptexlive は ptetex3 の後継ですが、 ptexlive の中でも、母体となる TeX Live のバージョンによって、性格が大きく異なります。 ptetex3 も含めてまとめると、以下のようになります。

ptetex3母体となる teTeX-3.0 が2006年5月に開発終了宣言され、もうすっかり obsolete なので ptexlive を使っていただきたいところです。
ptexlive
(for TeX Live 2007)
完成度が中途半端のまま TeX Live 2008 が出てしまいました。
ptexlive
(for TeX Live 2008)
母体の TeX Live の変更が大きくて、開発に苦労していましたが、ようやく公開しました。意外にいい感じ :-)
ptexlive
(for TeX Live 2009)
母体の TeX Live の変更が意外に大きくて、作業量が思ったより多くなりました。

ptexlive (for TeX Live 2008) の特徴

ptexlive (for TeX Live 2008) は、以前の事は忘れて、 新たな TeX ディストリビューションと認識していただくのが適切でしょう。 というのも、インストール手順が大きく変更になるからです。 そして ptexlive は、 晴れて 自由ソフト[extlink] となりました。 改変再配布の可能なもののみを含むようにします。

  • ptexlive は TeX Live 2008 と共存、併用します。 PATH の通し方で、どちらを用いるのかを切り替えます。 $TEXMF-dist などの多くのファイルを共用しますので、ディスク使用量の増加は誤差の範囲です。
  • TeX Live のインストールを先に行います。 TeX Live は数多くのアーキティクチャの実行ファイルを持っていますので、 この段階ではコンパイル作業は不要です。 もちろん、このままでは日本語 pTeX は使えません。
  • ptexlive のインストール作業では、パッチを当ててのコンパイルを行いますので、 gcc, X11-devel などの開発環境が必要です。 この作業を経て、日本語 pTeX が使えるようになります。 ptexenc 拡張を含めているので、UTF-8 にも対応しますし、 nkf 経由で文字コードの自動判定も行います。


OS付属物TeX Live (DVD)ptexlive
ghostscript
日本語フォント
CMap
pTeX + ptexenc
pdvips, pxdvi
dvipdfmx
nkf


凡例
ちゃんとしたものが付属
不完全ながらも付属している可能性がある
依存する
なし

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-25 (木) 02:22:40 (2824d)