openSUSE 11.0 (32bit)

  • ページ: 動作報告
  • 投稿者: teru?
  • 状態: 成功
  • ptexliveバージョン:20080715
  • 投稿日: 2008-08-19 (火) 20:51:22

必要パッケージ

c言語関連とその開発環境をinstallしています。

ptexlive.cfg

### (必須) mount した TeX Live DVD のディレクトリを指定

#ISO_DIR=/mnt/cdrom ISO_DIR=/media/TeXLive2007

メッセージ

以下のメッセージでinstallは終了です。


[CVE-2007-0104] test


Congratulations! TeX environment seems to work properly.

とりあえず latex, xdvi, dvipdfm の動作は確認しました。おかげさまで 正常です。


  • 今日、続いてplatex, pxdvi , dvipdfmxの動作を確認しました。正常です。ただし、suse11.0の設定の問題と思いますがkpdfでpdfファイルを開くと日本語の文字化けが起きてしまいました。Acrobat Readerでpdfファイルが正しく出来ていることが確認できました。 -- teru 2008-08-20 (水) 20:14:01
  • 昨日のkpdfでdvipdfmxで作成したpdfファイルを開くと日本語の文字が化ける件 これはdvipdfmx -f ptex-ipa.map (ファイル名)としてfontを埋め込むことで解決しました。 -- teru 2008-08-21 (木) 23:26:27
  • 国内学会の発表スライドの作成のためにpdvips -t landscape  (ファイル名)およびps2pdf13の動作を確認しました.こちらも正常です.open Suse11.0ではkpdfの代わりにocularを用いるようです.正常に動作しPDFによるプレゼンもo.k.です. -- teru 2008-09-04 (木) 18:33:18
  • ptexliveの本質から外れてしまうようですが,9/4の書き込み少し補足させて下さい.まずOkularはkde4で用いることができるようです,それからPDFファイルをlandscapeで作成しプレゼン用のスライドにするにはpsファイルを経由しなくてもdvipdfmx -l (ファイル名)で作成することができました. -- teru 2008-09-08 (月) 10:45:13
  • openSUSE 11.0 64bit版/ptexlive 20080715版でも正常動作を確認しました。テストスクリプトをみてdvipdfmxを通したものはちゃんとみられました。僕はevince/okular on KDE4.1.3を利用して確認しています。 -- yas 2008-12-12 (金) 00:38:52
  • OSをopen SUSE11.1にup dateしました.職場では64bit版,自宅では32bit版です.どちらも,suse 11.0でinstallしたptexliveはそのまま使えています.今後の事を考え,ptexliveを使わせていただいていますが,やはり巨大?なソフトのinstallに時間がかかることが大変です.linuxのdistributionにはTeXLiveが含まれていますが,これを用いてptexliveをinstallすることはやはり難しいのでしょうか? -- teru 2008-12-23 (火) 23:36:42
  • openSUSE 11.0 (32bit, gnome) で正常動作確認しました. texlive2008-20080822.isoではなく, texlive2007-live-20070212.iso(http://ftp.math.utah.edu/pub/texcollection/texlive/)を用いる. 必要パッケージ: bison, flex, automake, autoconf, openmotif, openmotif-libs, openmotif-devel, xorg-x11-devel (Yast2 でインストール). -- r2 2009-03-21 (土) 08:16:05


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-03-21 (土) 08:16:05 (3650d)