Debian testing (lenny/sid)

  • ページ: 動作報告
  • 投稿者: munepi?
  • 状態: 成功
  • ptetexバージョン:20061213
  • 投稿日: 2007-10-14 (日) 21:56:44

必要パッケージ

flex bison byacc build-essential libncurses5-dev x11proto-print-dev libxaw6-dev libxpm-dev libx11-dev motif-clients libmotif-dev

my_option

Linux debian 2.6.22-2-686 #1 SMP Fri Aug 31 00:24:01 UTC 2007 i686 GNU/Linux

JAPANESE="traditional"
KANJI_CODE="EUC"

TMP_PREFIX="/var/tmp/ptetex3"
PREFIX="/usr/local"

MAKE="make"
PATCH="patch"
MD5="md5sum"
NKFJIS="nkf -jd"

TEXSRC_EXTRACTED=""
TEXMFDIST=""
SYSTEM_FREETYPE2="no"

CONF_OPTION=" --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd --with-system-ncurses --with-system-t1lib --without-dviljk --without-info --without-texi2html --without-texinfo --with-xdvi-x-toolkit=motif texmf=/usr/local/share/texmf"
MAKE_OPTION=" texmf=/usr/local/share/texmf vartexfonts=/var/lib/texmf"

メッセージ

ベースは Debian testing (lenny) ですが,apt の設定により,指定すれば unstable (sid) も入れられるようにしています(実際に,多くのパッケージが unstable なものですが…).

基本的に Vine Linux と同じ構成で,TEXMF を /usr/local/share/texmf にしました.

個人的な設定は,自前の Vine Linux 4.1 と同じで,/usr/local/share/texmf/web2c/updmap.cfg を ~/.texmf-config/web2c/updmap.cfg としてコピーし, ローカルな TEXMF ツリーを ~/.texmf-var にして,カスタマイズしました.


  • xdvi がアクティブになったときに,open している dvi を再読み込みしません.何が原因か分かり兼ねています. -- munepi 2007-12-12 (水) 08:40:55


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-12 (水) 08:40:57 (4180d)