Slackware-current(future 12.0)

  • ページ: 動作報告
  • 投稿者: JW?
  • 状態: 成功
  • ptetexバージョン:20070223
  • 投稿日: 2007-03-25 (日) 00:39:31

必要パッケージ

Slackware-current 2007年3月17日以降のデフォルト環境をベースに
日本語印刷ができるようにghostscriptまわりを整備しておく

2007/03/24時点のSlackware-current環境はSlackware-11.0とは別物です。
参考までにコアパッケージのバージョンは以下

  • gcc-4.1.2
  • glibc-2.5
  • gtk+2-2.10.9
  • espgs-8.15.3
  • cups-1.2.8
  • X11R7.2-1.2.99.901
  • freetype-2.1.9
  • fontconfig-2.4.2

my_option

動作報告/34 に添付の tetex-jp_for_Slackware-nosrc.tar.gz に
含まれている my_option.slack 参照。

メッセージ

Slackware-currentはX11R7.2を採用しており、標準のフォントディレクトリは
/usr/share/fonts/ 以下に置かれています。
日本語フォントのディレクトリを /usr/share/fonts/truetypeとしておけば
ptetex3の 7font-search.sh が自動で日本語フォントを見つけてくれます。
もしくは以下のようにリンクを貼ってもよい。

# ln -s /usr/share/fonts/(あなたの日本語フォントDIR) /usr/share/fonts/truetype




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-03-25 (日) 12:28:08 (4377d)