Fedora Core 5

  • ページ: 動作報告
  • 投稿者: catchat?
  • 状態: 失敗
  • ptetexバージョン:20060719
  • 投稿日: 2006-07-22 (土) 15:14:22

必要パッケージ

my_option

メッセージ

updateした後、最新のghostscript-8.15.2-1.1が インストールされて、make tmptestが失敗しました。 古いバージョンのghostscript-8.15.1-7.2に 変わった後、[UTF package]test が成功しましたが、 次に以下のエラーと思われるものが出てきました。↓

[UTF package] test
ESP Ghostscript 815.01: Missing glyph CID=16382 in the font Sazanami-Mincho .
The output PDF may fail with some viewers.
-----------------------------
[-dNOKANJI] test
[to JIScode] dNOKANJI.tex
Warning: gs may need '-dNOKANJI' option in
/var/tmp/teTeX/share/texmf/dvipdfm/config/dvipdfmx.cfg.

↑どう対処すればいいでしょうか?この後の本番インストール make test も同じ警告がでてきました。platexでtexファイルコンパイルして、pxdviでプレビューしても日本語が表示されませんでした。


  • 結論から言えば、何もしなくて大丈夫です。
    • 注目していただきたいのは、どちらのメッセージにも may という可能性をあらわす単語が入っていたり、後者だと warning という単語があることです。 更に重要なことは make test 自体はエラーになってないことです。
      • 前者は PDF ビューアさえ選べば問題ありません。 (xpdf ではだめかもしれませんが、Adobe Reader 7 なら大丈夫です。)
      • 後者は ghostscript に適切なパッチを当てれば解決するはずですが、なかなか大変な作業の割には得るものが少ないです。
    • 最新のghostscript-8.15.2-1.1 で失敗というのは重要な情報です。ありがとうございます。
    • pxdvi の件は、my_option の JAPANESE=international がコメントになっているせいでしょう。 この場合 xdvi が日本語対応しているはずです。 README.fc4 の表現は誤解を与えやすいことがわかったので、直しておきます。 -- 土村? 2006-07-23 (日) 00:11:47


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-07-23 (日) 00:22:05 (4690d)