Ununtu10.04 LTS

  • ページ: 動作報告
  • 投稿者: anonymous?
  • 状態: 失敗
  • ptexliveバージョン:20100711
  • 投稿日: 2011-02-21 (月) 11:31:34

必要パッケージ

ptexlive.cfg

### "ptexlive.sample"
### 推奨設定は先頭にまとめてあります。
### それ以外はコメントにしてあります。
### シェルスクリプトと同じで # 以降はコメントです。
### common.sh で自動判別している設定もあります。
### "../ptexlive.cfg" というファイルを作って、必要なものを書き写して下さい。
### "./ptexlive.cfg" や "../ptexlive.cfg.host名" でもかまいません。
### version 2010/ 3/22

### (必須・変更不可) ベースとなる TeX Live のバージョン
TEXLIVE_VERSION=2009

### (必須) mount した TeX Live 2009 DVD のディレクトリを指定
ISO_DIR=/media/TeXLive2010
#ISO_DIR=/Volumes/TeXLive2009
#ISO_DIR=/mnt/cdrom

### (任意) インストールした TeX Live 2009 のディレクトリを指定
# TEXLIVE_DIR=/usr/local/texlive/2009
# TEXLIVE_DIR=$ISO_DIR

### (任意) インストールする ptexlive のディレクトリを指定
# PREFIX=/usr/local/texlive/p2009

### (任意) 作業用ディレクトリを指定
# TMP_PREFIX=/dev/shm/ptexlive2009
# TMP_PREFIX=`pwd`/build

### (任意) make font でフォント検索するディレクトリを追加指定
# EXTRA_CMAP="/usr/local/cmap;/c/program files/cmap"
# EXTRA_TRUETYPE="/usr/local/ttf;/c/program files/truetype"
# EXTRA_OPENTYPE="/usr/local/otf;/c/program files/opentype"

### (任意) configure 時にキャッシュを用いる(高速化されるが実験的)
conf_option -C

### (任意) make 中に最大 N 個のプロセスを起動する(高速化)
### N は (コア数+1) にするのがよいらしい
make_option -j 2   # for single core
# make_option -j 3 # for 2 core
# make_option -j 5 # for 4 core
# make_option -j   # unlimit

### (任意) configure に使うシェルを指定
# export CONFIG_SHELL=$BASH

### 余分にコンパイルするツールを指定する
### texdoc コマンドには luatex が必要
# conf_option --enable-luatex

# conf_option --enable-xetex
# conf_option --enable-xdv2pdf
# conf_option --enable-xdvipdfmx

# conf_option --enable-dialog
# conf_option --enable-pdfopen
# conf_option --enable-ps2eps
# conf_option --enable-psutils
# conf_option --enable-t1utils
# conf_option --enable-tpic2pdftex
# conf_option --enable-vlna
# conf_option --enable-xindy

# conf_option --enable-afm2pl
# conf_option --enable-bibtex8
# conf_option --enable-cjkutils
# conf_option --enable-detex
# conf_option --enable-devnag
# conf_option --enable-dtl
# conf_option --enable-dvi2tty
# conf_option --enable-dvidvi
# conf_option --enable-dviljk
# conf_option --enable-dvipng
# conf_option --enable-dvipos
# conf_option --enable-lacheck
# conf_option --enable-lcdf-typetools
# conf_option --enable-musixflx
# conf_option --enable-seetexk
# conf_option --enable-tex4htk
# conf_option --enable-ttf2pk
# conf_option --enable-ttfdump

# ---------------------------------------------------------

### 既にライブラリが存在すれば、それを使う(高度な知識が必要)
# conf_option --with-system-zlib
# conf_option --with-system-libpng    # using system-zlib
# conf_option --with-system-freetype2 # using system-zlib
# conf_option --with-system-gd        # using system-libpng, system-freetype2
# conf_option --with-system-t1lib
# conf_option --with-system-freetype
# conf_option --with-system-xpdf

### libpng 1.4.0 以降は使えないので注意。

### OS 付属の freetype2 は pxdvi の縦書きに必要な otvalid モジュールが
### 無効になっていることが多いので注意。

### また '--with-system-gd' を指定すると '--with-system-libpng' と
### '--with-system-freetype2' も指定したことになる。

### kanji <=> unicode 変換に iconv を使う
# conf_option --enable-kanji-iconv

### strip する(デバッグ情報を消して実行ファイルを小さくする)
# STRIP=yes

### xdvi のツールキットを指定する
###(ディフォルトは自動選択、motif が最良の選択肢)
# conf_option --with-xdvi-x-toolkit=motif
# conf_option --with-xdvi-x-toolkit=xaw
# conf_option --with-xdvi-x-toolkit=xaw3d
# conf_option --with-xdvi-x-toolkit=neXtaw

### X 環境がない場合
# conf_option --without-x
# conf_option --disable-xdvik
# conf_option --disable-pxdvik

### make (font|fonty|test) で xdvi と pxdvi を除外する
# XDVI=echo

### make test で ps2pdf を除外する
# PSPDF=echo

### ptex/platex コマンドの入出力文字コードを指定(ディフォルトは UTF8)
### nkf で自動変換するので、気にする必要はない
### 'UTF8' は ptexenc の独自拡張
# KANJI_CODE=UTF8
# KANJI_CODE=EUC
# KANJI_CODE=SJIS
# KANJI_CODE=JIS

### ライブラリの場所を明示的に指定する
# CPPFLAGS="-I/usr/local/include -I/usr/sfw/include -I/opt/sfw/include -I/usr/openwin/include"
# LDFLAGS="-L/usr/local/lib -L/usr/sfw/lib -L/opt/sfw/lib -L/usr/openwin/lib"
# LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:/usr/local/lib:/usr/sfw/lib:/opt/sfw/lib:/usr/openwin/lib
# export LDFLAGS CPPFLAGS LD_LIBRARY_PATH


### [自動判別]GNU のツールを使う
# MAKE=gmake
# PATCH=gpatch

### [自動判別]もし md5sum コマンドがあれば
# MD5=md5sum

### [自動判別]もし gmd5sum コマンドがあれば
# MD5=gmd5sum

### [自動判別]もし digest コマンドがあれば (Solaris 10)
# MD5="digest -a md5"

### (危険)もし md5 も md5sum もなければ
# MD5=none

### [自動判別]もし xzdec コマンドがあれば
# XZ=xzdec

### [自動判別]もし 7za コマンドがあれば
# XZ="7za x -so"

### [自動判別]もし xz コマンドがあれば
# XZ="xz -cd"

### texlive-*-source.tar.xz が既に展開されたディレクトリを指定(RPM に有用)
# TEXSRC_EXTRACTED=%{_builddir}

### texlive-*-source.tar.xz の場所を指定(RPM に有用)
# SRC_TAR=%{_sourcedir}/texlive-20091011-source.tar.xz

### 既にコピーされた texmf-dist を指定(再インストールや RPM に有用)
# TEXMFDIST=/usr/local/texlive/share/texmf-dist

### ディスクを少々節約する(高度な知識が必要)
# conf_option --enable-shared

### スクリプトのデバッグ
# set -x

メッセージ

すいません,質問させてください。

Ubuntu 10.04 LTS + texlive2010-20100826.iso + ptexlive-20100711.tar.gz

で,利用させていただきたく,試してみましたが, ptexlive をインストールする際に,エラーが生じてしまいました。

http://www.dnsbalance.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/systems/texlive/Images/texlive2009-20091107.iso.xz

が,Web上にないようです。どのようにしたらよろしいでしょうか?ご教授よろしくお願いいたします。


administrator@cduo149:~/ptexlive/ptexlive-20100711$ make
`which bash` ./9realloc.sh distclean
------------------------------------------------------------------------
[reading]    ../ptexlive.cfg
make[1]: ディレクトリ `/home/administrator/ptexlive/ptexlive-20100711' に入ります
`which bash` ./1check-archive.sh
2011年  2月 21日 月曜日 20:23:50 JST
------------------------------------------------------------------------
[reading]    ../ptexlive.cfg
TEXLIVE_VERSION=2009
ISO_DIR=/media/TeXLive2010
conf_option -C
make_option -j 2

------------------------------------------------------------------------
[[Setting Information]]
Linux cduo149 2.6.32-28-generic #55-Ubuntu SMP Mon Jan 10 21:21:01 UTC 2011 i686 GNU/Linux

PATH="/var/tmp/ptexlive2009/texlive-20091011-source/inst/bin/:/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/sbin:/bin:/usr/games"

ISO_DIR="/media/TeXLive2010"
TEXLIVE_DIR="/usr/local/texlive/2009"
PREFIX="/usr/local/texlive/p2009"

TMP_PREFIX="/var/tmp/ptexlive2009"
TEXSRC_EXTRACTED=""
SRC_TAR="/media/TeXLive2010/source/texlive-20091011-source.tar.xz"
TEXMFDIST=""

EXTRA_CMAP=""
EXTRA_TRUETYPE=""
EXTRA_OPENTYPE=""

BASH="/bin/bash"
MAKE="make"
PATCH="patch"
MD5="md5sum"
XZ="xzdec <"
KANJI_CODE="UTF8"
SYSTEM_NKF="no"
STRIP="no"

------------------------------------------------------------------------

Please get "texlive2009-20091107.iso.xz" by following commands.
wget -c http://www.dnsbalance.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/systems/texlive/Images/texlive2009-20091107.iso.xz

make[1]: *** [stage1] エラー 1
make[1]: ディレクトリ `/home/administrator/ptexlive/ptexlive-20100711' から出ます

Those messages are stored in 'log-0221-2023'.

make: *** [all0] エラー 1
administrator@cduo149:~/ptexlive/ptexlive-20100711$ 

  • 上に貼った通りの cfg ファイルだとすると,必須と書かれた所の設定がコメントアウトされたままですが? -- tenforward 2011-02-21 (月) 16:20:50
  • TEXLIVE_VERSION=2009 と ISO_DIR=/media/TeXLive2010 の行の直前の改行が投稿の際に無視されてしまったようです。cfgファイル上では,この2行はコメントアウトされていません。ご教授よろしくお願いいたします。 -- 投稿者 2011-02-23 (水) 09:14:08
  • ftp://tug.org/historic/systems/texlive/2009/ -- kakuto 2011-02-23 (水) 23:30:14


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-27 (日) 01:24:31 (2248d)