openindiana151a

  • ページ: 動作報告
  • 投稿者: anonymous?
  • 状態: 小さな不具合
  • ptexliveバージョン:20110322
  • 投稿日: 2012-04-05 (木) 22:37:19

必要パッケージ

compress/xz
developer/gnu
system/font/truetype/ipafont-mincho
system/input-method/ibus/anthy 
system/library/math

ptexlive.cfg

TEXLIVE_VERSION=2009
ISO_DIR=/tmp/ptexlive/texlive2009-20091107
TEXLIVE_DIR=/usr/local/texlive/2011

メッセージ

概要

openindianaopensolaris の後継システム です。いまのところ tlptexliveTeX Live 2011 への追加日本語パッチ が未対応のため、多くの実績がある ptexlive にもどってみました。

作業内容

openindiana のインストール

  • Desktop版 を用います。openindiana をインストールしたら、つぎに package manager を起動してシステムを更新してください。そのあとで必要な packages を補ないます。
  • openindiana151a はデフォルトの日本語入力(IIM方式)が反応しません。代わりにIBus方式にします。
  • 開発環境は developer/gnu を指定することによりまとめて追加されます。それだけでは math.h が足りないので system/library/math を加えます。
  • ipaフォントは最初 ipag のみがインストールされていますので、ついでに ipam を入れておきます。

ghostscript に和文フォントを教える。

solaris の環境をそのまま引き継いでいますが、製品用の和文フォントは削除されています。その調整ができていないので /usr/share/ghostscript/8.64/Resource/Init/cidfmap ファイルを編集して適当な日本語フォントを gs に対応させる必要があります。このとき 動作報告/26 のとおり gs --help で表示される箇所にあるフォントを参照することができます。今回は cidfmap ファイルの 38行 および 47行 を

/Path (/usr/X11/lib/X11/fonts/TrueType/ipafont/ipam.ttf)

および

/Path (/usr/X11/lib/X11/fonts/TrueType/ipafont/ipag.ttf)

としました。すなわち

%       Japanese Fonts
%
/HG-MinchoL <<
        /FileType /TrueType
%       /Path (/usr/openwin/lib/locale/ja/X11/fonts/TT/hgmlsun.ttf)
        /Path (/usr/X11/lib/X11/fonts/TrueType/ipafont/ipam.ttf)
        /SubfontID 0
        /CSI [(Japan1) 1] >> ;
/Ryumin-Light           /HG-MinchoL     ;
/Adobe-Japan1           /HG-MinchoL     ;
/Adobe-Japan2           /HG-MinchoL     ;
/HG-GothicB <<
        /FileType /TrueType
%       /Path (/usr/openwin/lib/locale/ja/X11/fonts/TT/hggbsun.ttf)
        /Path (/usr/X11/lib/X11/fonts/TrueType/ipafont/ipag.ttf)
        /SubfontID 0
        /CSI [(Japan1) 1] >> ;
/GothicBBB-Medium       /HG-GothicB     ;

という具合です。

Adobe Reader のインストール

http://get.adobe.com/jp/reader/otherversions/ より Solaris -x86-32 の Japanese 版 Reader 9.4 Japanese for Splaris (.pkg.bz2) をダウンロードします。bz2 圧縮を解凍して superuser になり pkgadd -d をします。

 bzip2 -d AdbeRdr9.4-1_i386solaris_jpn.pkg.bz2 
 su
 pkgadd -d AdbeRdr9.4-1_i386solaris_jpn.pkg

TeXLive のインストール

wget ftp://ftp.kddlabs.co.jp/CTAN/systems/texlive/tlnet/install-tl-unx.tar.gz
tar zxvf install-tl-unx.tar.gz
cd install-tl-20*
su
./install-tl -repositoryrm  http://ftp.kddlabs.co.jp/CTAN/systems/texlive/tlnet
exit
cd ..

pTeXLive のために texlive-20091107-source.tar.xzghostscript-8.71.tar.xz を用意する。

mkdir texlive2009-20091107
cd texlive2009-20091107
echo texlive-20091107 > release-texlive.txt
mkdir source
cd source
wget ftp://tug.org/historic/systems/texlive/2009/texlive-20091107-source.tar.xz
wget ftp://ftp.kddlabs.co.jp/CTAN/support/ghostscript/GPL/gs871/ghostscript-8.71.tar.xz
cd ../..

ptexlive-20100711 の調整 (動作報告/104, 動作報告/112 のとおり)

4extract-texmf.sh の49行目の ltxmisc を url に変更

変更前

eightbit2hex $TEXMF tex/latex/ltxmisc url.sty

変更後

eightbit2hex $TEXMF tex/latex/url url.sty

md5sum/texmf の8行目の ltxmisc を url に変更

変更前

e3a9cf32ee9b853b42be14c2f25b873c  ./ptex/latex/ltxmisc/url.sty

変更後

e3a9cf32ee9b853b42be14c2f25b873c  ./ptex/latex/url/url.sty

7font-search.sh の299〜300行目の 8.64 を 8.71 に変更

変更前

tarx $ISO_DIR/source/ghostscript-8.64.tar.xz $PTEXLIVE_TMP
cmapinstall $PTEXLIVE_TMP/ghostscript-8.64/Resource/CMap

変更後

tarx $ISO_DIR/source/ghostscript-8.71.tar.xz $PTEXLIVE_TMP
cmapinstall $PTEXLIVE_TMP/ghostscript-8.71/Resource/CMap

common.sh の 292行目〜293行目の 20091011 を 20091107 に変更 (2箇所)

変更前

echo ${SRC_TAR:=$ISO_DIR/source/texlive-20091011-source.tar.xz} > /dev/null
SRC=${TEXSRC_EXTRACTED:-$TMP_PREFIX/texlive-20091011-source}

変更後

echo ${SRC_TAR:=$ISO_DIR/source/texlive-20091107-source.tar.xz} > /dev/null
SRC=${TEXSRC_EXTRACTED:-$TMP_PREFIX/texlive-20091107-source}

ptexlive.cfg

### (necessary) specify the mount point of TeX Live 2009 DVD
TEXLIVE_VERSION=2009
ISO_DIR=/tmp/ptexlive/texlive2009-20091107
TEXLIVE_DIR=/usr/local/texlive/2011

ptexlive のコンパイル、インストール

cd /tmp/ptexlive/ptexlive-20100711/
make
su
make install

openindiana151a の追加メモ

openindiana151a は evince を用いています。

動作報告/26 は package の gv, Xaw3d を用いていますが、openindiana では消えてしまいました。もし GNU gv を入れようとすると Xaw3d を補わないといけません。そのときは imake が必要ですが pkg の imake は sun の C compiler を使うようになっているのでエラーが出ます。実際に使うときは imake が選ぶコンパイラーを gcc にしましょう。

  • package manager で imake を入れる。
  • /usr/lib/X11/config/site.def を編集して gcc モードにする。すなわち、64行目〜68行目
/*
#ifndef HasGcc2
#define HasGcc2 YES
#endif
*/

のコメントマーク /* および */ を消す。

あとは Xaw3d widget set とか Xaw3d-1.5.tar.gz のインストール などを参考にしてください。

openindiana のインストール時に device driver が合わないことがあります。

solaris 系はディバイスドライバーユーティリティーで pci id を調べて、そのデータを2つのファイル

/boot/solaris/devicedb/master
/etc/driver_aliases

に書き込むことにより、ドライバの接続を制御することができます。システム構成の表示コマンドは

prtconf -pv

です。


  • ptexlive のコンパイルが通るなら,tlptexlive のコンパイルも通ると思います.コンパイルして,Norbert さんに登録してもらえば,ご自身も楽になると思います.どうぞご検討ください. -- kuroky 2012-04-07 (土) 18:54:35


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-04-07 (土) 18:54:35 (2055d)